• 最初へ
  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語
  • 民主公園案内
  • 公園施設
  • プロモーションビデオ
  • アクセス
  • Objectives and History
  • Organization and tasks
  • CI and Character
Democracy Park. You can find information such as facility introduction, Park Information and map, etc.
Democracy Park
Objectives and History
Organization and tasks
CI and Character

最初へ > 民主公園案内 > 造成目的および沿革

民主公園の目的

歴史を学び、今日の私たちを今一度振り返ってみることができる空間を設けるのは、過去と現在、未来を連結して、私たちが何を進行すべきなのかを教えてくれるのに多いに役立つだろう。韓国近現代史の発展に決定的寄与をしてきた4.19民主革命と釜馬民主抗争および6月抗争につながり、釜山市民の崇高な民主犠牲精神を称えて継承発展させるために[民主公園]を造成し、これを歴史の生きた教育の場に活用して市民の自負心を鼓吹するとともに、民主化の産室である釜山の歴史的地位を高めるためである。

背景精神

釜山の過去の民主化運動の歴史を称えるとともに、現在と未来に向かって人間の基本権と幸福追及権を具現する人類普遍の価値である民主主義を表象できる空間を造成する。

基本構想

釜山は人間の尊厳と民主化に努力してきた市民と地域という点に重点を置き、普遍的人権と民主主義、そして生活の質の向上を追求する釜山市民の崇高な精神を称えて、釜山市内の遠くからも眺めることができ、市民が容易に接近できる空間を作る。

日帝下の抗日闘争から4・19民主革命、釜馬民主抗争、6月抗争に引き継がれてきた釜山市民の民族性と民主性を象徴する造形物を設置して民主公園としての象徴性を高め、民主抗争に関連した各種遺物、造形物、詩、絵、写真を展示・配置して生きた歴史の空間を造成する。

展示室、公演室、野外公演会場などを計画して抗争の精神を今日に実現する各種詩画展、写真展示会、講演会、討論会、文化公演、映画祭などを開催して文化と学術活動の殿堂を造成する。

研究室、資料室などを置き、釜山地域の抗争だけではなく、今日の社会を研究して教育できるようにする。釜山の民主化運動を記念できる造形物などの歴史性を強調して市民だけではなく、釜山を訪れる外来人に深い印象を植えられるようにする。

山の頂上に設置する民主公園であるだけに、周辺の自然との親和性を持たなければならない。

施設の概要

施設の概要
名称 釜山民主公園
位置 釜山広域市中区瀛州洞山10-4番地一円 <中央公園内>
敷地面積 20,337㎡ <6,152 敷地面積>
建築規模 地下1階、地上3階、延べ面積5,278㎡ 1,600坪
施設内容
  • - 象徴造形物 : 「民主のたいまつ」
  • - 1階 <中劇場 : 419席、小劇場 : 116席>
  • - 2階 <事務室、研究室、資料室、休憩室、売店、常設展示室>>
  • - 3階 <企画展示室、電算室、食堂>
  • - 野外公演場
  • - 池、野外広場、一周道路、樹木園、野生草花類公園(韓国花)などの休息空間
  • (苦難の場、追念の場、念願の場、正義の場)
事業費 160億ウォン(国費80億ウォン、市費80億ウォン)
事業期間 1996. 7~1999. 10
開館 1999年10月16日 (釜馬民主抗争20周年記念日)
事業主体 釜山民主公園造成汎市民推進委員会
民主公園は釜山民主化運動の象徴的空間として、(社)釜山民主抗争記念事業会が釜山市から受託・運営しています。
案内電話 : 82-51-790-7400 / FAX: 82-51-790-7410 / Email : demopark@demopark.or.kr
釜山広域市中区民主公園道 19 (〒48901)